まだ間に合う「国展」。おすすめ「貴婦人と一角獣展」

ゴールデンウィーク疲れは取れましたか?

私は連休中六本木の新国立美術館で開かれている「国展」に行って来ました。
友人が出品しているので毎年ハガキを送ってくれます。ありがとね。

表参道の「ギャラリー川野」で紬の袋詰めを購入し、千代田線で一駅の乃木坂駅へ。
さき織りにするので、小さくても、クチャクチャでも、いいので袋詰めはお得です。

同じ美術館で展示されている「貴婦人と一角獣展」を見たかったので、友人が出品している「工芸」だけ見ました。
ごめんね
お時間と体力があれば「絵画」「彫刻」「版画」「写真」も見ごたえありますよ。5月13日(月)まで。

P5030041.jpg

さて「貴婦人と一角獣展」へ。入り口の通路を進むと大きな暗いホールへ。6枚の「貴婦人と一角獣」タペスリーが見渡せます。その瞬間鳥肌が・・・すごーい感動でした。全部「織り」ですよ!図柄も色もきれいかわいいです。
めったに日本では見られないらしいので織りが好きな方は見るといいかも!
7月15日まで。そのあと大阪へ行くそうです。


ぽっちと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 練馬区情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 西東京(市)情報へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment