ピルタナウハ織り体験!!

 いつもお世話になっている鎌倉のアウトサイドインでは毎年初夏のワークショップウィークを開催しています。
私は6月2日の最終日にフィンランドの手芸ユニットTakkuが教える「ピルタナウハ織り」のワークショップに参加してきました。

 初めてのフィンランドの方、言葉がわかるか不安でしたが、2人とも日本語はお上手でした。2人の会話はフィンランド語らしく、ロシア語に近い?発音でした。白いお揃いのドレスにピルタナウハ織りのバンドが素敵。

 さてピルタナウハ織りはフィンランドの民族衣装に使われているバンドを織る織り方だそうです。今回は2センチはばのバンドを織りました。写真上部は机の脚に縛り付けた糸はしです。写真下部は自分のウエスト(太い)に留めつけてあります。




 細いバンドなので簡単かと思いましたが、織り機で広がっているたて糸をヨコ糸が見えないくらい寄せるのですから、気を抜くと広がってしまいます。結構難しかったです。下を向いて織っていたので、めまいがしました。もたもたしていたら織りあげられなくて、「時間だからたて糸を切ってください。5分過ぎています。」と冷たいお言葉・・・

お茶を飲む時間があるなら織り上げたかった~無念

翌日ふくらはぎが筋肉痛でした。ピルタナウハ織りで足を使っていたからです。シェイプアップできたかも!?
 
自分の体が織り機の一部となって織るピルタナウハ織り結構中年の体にはきついものでした。








早く終わったので(時間のとおりでしたが・・)鎌倉近代美術館の別館「柚木沙弥郎展」に行ってきました。
やはり柚木先生の絵や染めものはいつも元気をくれます。先生いつまでもお元気で!


ブログランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします。
    
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment